2008年10月09日

バイエル65番



音階は、ただそれだけで美しいものです。バイエル氏はそのことを理解していたのでしょう、65番という素晴らしいエチュードを仕立て上げました。しかしながら、私たちがその意図を理解できなければ、せっかくの”音楽”が台無しとなってしまいます。
子供のバイエル下巻ともなると、棒弾きしても楽しめる曲が出てきますが、それは美しい演奏と対峙したときの感動とは程遠いものといえるでしょう。65番は演奏者の洗練度に対する試金石です。ぜひ、丁寧に取り組んでいただきたいものです。

また余談ですが、この曲の録音を前々から試みていたのですが、なかなか良い演奏ができずにいました。今回の録音は以前の演奏より進歩が認められたのでアップさせていただくことにしましたが、まだまだ高みへの余地を感じます。今後さらに良い演奏ができたらまたアップしたいと思います。
posted by ジュニア at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。