2008年01月26日

バイエル25番

当ブログをごひいきにして下さっている皆様、いつもありがとうございます。初めてご覧いただく方、ようこそおいでくださいました。
ブログ開設以来、カウンタが毎日少しずつですが安定して回っています。バイエルは「もはや古い教則本」と言われていますが、それでもなお注目なさっている方は少なくないのでしょう。そういった方々に当ブログが少しでもお役に立てればと思います。これからもよろしくお願いします。

では今回の演奏、25番です。




25番は24番以前の曲と音楽的な特徴が異なります。
24番以前は、右手または左手のどちらかが主旋律を担当し、他方は伴奏という形態ですが、それに対して25番は右手と左手それぞれの旋律が独立性を保っています。前者のような特徴を持つ音楽を「ホモフォニー」、後者を「ポリフォニー」と呼びます。
ポリフォニーは簡単に言ってしまえば「複数の旋律がどのように絡むと美しく響くか」ということが追求されているので、ホモフォニーのようにどれが主旋律という区別なく各旋律が対等に扱われることも少なくありません。
よって、演奏する上でも各旋律を明瞭に響かせることでポリフォニーの持ち味を発揮することができるでしょう。25番においても、右手と左手それぞれの旋律のバランスを損なわないように演奏するのがよいと思います。
posted by ジュニア at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポリフォニーですね。
感じた違和感があながち間違いじゃなく、ホッとしました。
大変勉強になりました。ありがとうございます。

バイエルは皆さんどれくらいでひととおり修められるのでしょうね。
私は先がな長そうです。
Posted by 青柊 at 2008年01月31日 01:13
>青柊さん

いつもコメントありがとうございます。
私の考えでは、「どんな曲でも実質的に修了することはない」と思っています。
たしかにバイエル全曲の合格をもって形式的な修了は迎えますが、その本質的な意味は「先生の指導下になくとも、これから自分自身でより深くバイエルを追及できるレベルに達した」ということではないかと考えています。私自身、すでに師からバイエル全曲の合格をいただいていますが、このようなブログを通じてさらに深みを追及しているつもりです。そのような考えから「実質的に修了することはない」と思い至るようになりました。
先を急ぐ必要はないと思います。どうぞ、ゆったりと構えてバイエルに向かい合ってみてください。
Posted by ジュニア at 2008年02月01日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80785919
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。