2008年02月26日

バイエル56番

本日も反復保持音エチュードの中から、56番です。



バイエル内では、この曲が反復保持音の演奏テクニック習得の到達目標点です。この奏法は28番で導入され、38・39・40番で集中的に学びますが、これらは56番の美しさを理解するための予習と捉えることができます。逆にいうならば、予習の段階で反復保持音に美しさを見出すことができなければ、56番に相対したところで「意味の分からない曲」ということになってしまうことでしょう。
posted by ジュニア at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87286672
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。