2009年01月25日

バイエル33番

インスピレーション欠乏症はどこかへ吹っ飛んでいってしまいました。連弾曲33番に挑戦です。デジタルピアノの多重録音機能を使い、一人二役をこなしました。



楽譜をご覧になればお分かりになる通り、先生側の伴奏が疎なので、音数の多い生徒側がフレーズ表現の主導権を握ることになります。これまでの学習成果が試される曲です。
さて、なぜ32〜34番で連弾曲が再び登場するのでしょうか。それは、31番以前は両手共にCポジション、つまり右手1指および左手5指が”ド”の位置で固定されていましたが(第2番を除く)、32番からはGポジション、右手1指・左手5指が”ソ”の位置での演奏が導入されるからです。
新しいポジションでの演奏に対して、バイエルではとても周到な準備がなされています。
32〜34番での連弾では、バイエルにおいては2番以来となるG-durの響きおよびGポジションを復習し、さらに独奏への準備を施す役割を果たします。意外と知られていませんが、33番は2番の変奏曲になっています。和声進行が同じなのはもちろんのこと、2番の生徒側「ソ・シ・ラ・シ…」の音が33番の生徒側の旋律に組み込まれています。ぜひ楽譜をご覧になって探してみてください。
35番の独奏では一端C-durに戻り、まず左手のみGポジションが導入されます。右手にはこれまでに弾き慣れているCポジションでの順次進行の旋律を配置することで、左手の学習に対する負担が軽減されています。
次曲36番もC-durですが、左手は35番の音並びが部分的に使用されており、Gポジションに慣れ親しむ意味を持ちます。右手は前曲より複雑な音型です。
37番でようやく両手共にGポジションへ移行し、G-durの独奏を行います。調号のシャープが付いていませんが、これはこの段階での楽典的な学習を軽減するための措置であり、調については第2部(65番以降)の音階の練習の部分で解説されます。
この曲は先に連弾している34番の独奏曲のような面持ちで、フレーズのつくりも似ているため、学習者は曲の解釈に対して難しさを感じることは少ないことでしょう。この曲でGポジションの導入は完了し、38〜40番では弾きなれたGポジションで早速、反復保持音の学習を行ないます。

ほとんどレスナー向けの解説となってしまいましたが、この例に限らずバイエルでは新しい学習事項に対して慎重かつ綿密な考慮がなされており、高い完成度を誇る数少ないピアノメソードと言うことができましょう。
posted by ジュニア at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

バイエル24番

難曲24番を録音する気力がまだ残っていました。



上巻独奏曲の録音コンプリートまであと少し。演奏に対する迷いが晴れるまでは、まともな校訂譜が書けることはあり得ないので、このままモチベーションを保てればよいのですが…。
posted by ジュニア at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

バイエル23番



私にしては珍しく怒涛のブログ更新が続きましたが、インスピレーションがしぼんできてしまいました。音楽的発想に満ちみちた演奏以外は公開の意味がないと思っていますので、これからは再び”ときどき更新”に戻ってしまうかもしれません。次にやってくるであろうインスピレーションを待ちたいと思います。
posted by ジュニア at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

バイエル27番

posted by ジュニア at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

バイエル演奏音源一覧

現在までにアップしているバイエルの演奏音源を右フレームに一覧にしました。リンクをクリックすると、その曲が収録されている記事に飛びます。同一曲で複数の録音があるものは、最も新しい音源を掲載しています。録音時期の新旧が入り混じっておりますので、演奏センスにバラつきがありますことをご了承ください。
posted by ジュニア at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

バイエル30番



29番以前とは異なるフレーズ表現を要求している曲です。特に9小節目以降の表現を試行錯誤しました。
「バイエルは同じような曲を延々弾かせる」という批判がありますが、私はそうは思いません。一曲一曲、どのように演奏したらよいかということをじっくり考えなければ、音楽に聴こえなくなります。レスナーはその機微を認識し、レッスンに際して生徒に例奏を聴かせることで、生徒がその音楽に感じ入るきっかけを生み、「自分でも演奏してみたい」という意欲を得ることができます。このような”音楽理解”を促すことが本来のピアノレッスンであり、これ無くして音楽的進歩を遂げることはあり得ないと考えます。
posted by ジュニア at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

バイエル19番



インターネット上でバイエルの演奏を聴きたいという方々の多くは、下巻の音源をお求めなのだろうと思います。譜読みが徐々に複雑になってくるので、特に独学の方が実際の演奏を聴いて音並びを確認したいというニーズがかなり多いのではないかと推測しています。
当ブログにも下巻の演奏はポツポツと置いてありますが、それを聴きにいらっしゃった方がたまたま上巻の演奏をお聴きになった時、その方の音楽観に何かしらの印象を持っていただけたなら幸いであると思っています。
posted by ジュニア at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

バイエル21番

ブログ開設最初期にも演奏を公開した21番ですが、再録音をしてみました。


よろしければ、以前の演奏と聴き比べてみてください。



音楽的に別物としか思えません。一年数ヶ月の月日を経て、私自身が「どのような音楽にしたいか」「そのためにはどう演奏したらよいか」という二つの問題に対しての答えに一歩近づいたと言えるかもしれません。
さらに一年経ったとき、今現在の自分より成長したことを感じることができるでしょうか。
posted by ジュニア at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

バイエル17番




バイエル全曲の中でも17番は最高傑作の一つに挙げられるでしょう。”バイエルの真価は上巻にあり”と常々申し上げてきましたが、下巻も名曲ぞろいではあります。しかしながら、演奏者の音楽性をより多く注ぎ込めるのは、音並びが簡素ながらも実に洗練されている上巻の各曲ではないでしょうか。しばしば、上巻はつまらないが下巻は楽しいという意見をしばしば耳にしますが、それは作曲者からすると全く意図していないことで、下巻の各曲は上巻で得た音楽性を基に演奏されることを願っているのが、バイエルの楽譜には明確に表れ出ています。
音楽における正統の入り口であるバイエル上巻の理解なくして、下巻やさらに進んだメソード、さらには音楽史上の大家の作品を理解することは不可能である、というのが私の考えです。
posted by ジュニア at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

バイエル14番




これまた、なかなか音楽になりません。(ちなみに、「私の演奏はちゃんと音楽になっているから、ありがたく聴きなさい!」という意味で申し上げているのではありません。自身の演奏の未完成具合に、もがいております)
当ブログではmp3音源の容量を縮小すべく、繰り返し記号を省いて演奏しておりますが、この曲に限っては敢えて繰り返しを避けたほうがよいでしょう。フレーズ周期が中途半端になってしまい、表現がまとまらなくなってしまうと思うのですが、いかがでしょうか。
posted by ジュニア at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。